FC2ブログ

スペシャルサンクス

マイム劇場、たくさんのあたたかな包まれながら無事終演いたしました。

皆さま、いつもありがとうございます。

私は「海を渡る蝶」という作品をつくり演じました。

どうしても書き残しておきたいことがあるので、blogに記しておこうと思います。

↓↓


普段は作品づくりから逃げてしまう自分がいた。「私にはできない…」、そう思い込んでしまっている部分があった。

先日実家に帰省した最終日の夜、姪とドミノ倒しをやっていたら、まだブロックをうまく立てられない姪が「できない~」と顔をぐしゃぐしゃにして言った。

帰省中の四日間の間に何度かこの様子を目にしていた。

私のなかで、何かが強く動いた。

「さえちゃん、できないと思ってやったらできないよ。できると思ってやってごらん。絶対にできるよ。」

2才になりたての姪に松岡修三さん並みに熱弁してる自分がいた。

言葉にしながら、それは自分に対して言っていることに気づいていた。
若いときのように根拠のない自信もなくなり、何となくおさまりがよくなってしまった自分。

作品作りをしながら、「私にはできないんじゃないか…」と思ってしまう自分。
忙しさにかまけてしまう自分。
…自分に対してさえ言い訳してしまう自分…。

大人になるまで「絶対にできるよ!」と言ってくれるひとは私の周りにはいなかった。

だから私はそんなひとがずっと欲しかった。


私の姪はすばらしい。
すべての子供がすばらしい。

だから。
こんなに小さいのに「できない」を口ぐせにして欲しくなかった。

それと同時に…、私がこの子にできることはその姿を見せることなんじゃないかと思った。

小学4年生くらいまで「私は空を翔べる。翔べないわけがない。」と信じていた。
まだその方法を見つけられていないだけだと。

姪にもそんなことを持ち続けてほしかった。

だって君はほんとにほんとに素晴らしいから。

君のおかげで、私の中にすーっと何かが通った。

この世界に生まれてきてくれて、ありがとう。

愛する姪へ。
スポンサーサイト



★出演舞台のお知らせ

★出演舞台のお知らせ★

日本マイム研究所60周年公演に出演します!

今年80才になる師匠の情熱にいつも驚かされます。

人はいくつになってもどんな状況にあっても、情熱を燃やし、肉体・精神を探究し続けられる。

師匠の姿勢から学んだことです。
表現に携わる者だけでなく、きっとどんな方にも通ずることだと私は思っています。

目に見えなかったもの、言葉にできなかったもの、確かにそこにあったのに触れられなかったもの。

そんなものたちに、会いに来てください。
取り巻く世界と出会い直しに来てください。

たった一回のステージです。

皆さまのご来場心よりお待ちしております。

日時:8月11日(日)19時~ ※18:30開場
場所:江戸東京博物館 大ホール
チケット:4000円(私にご予約申込頂ければ1000円割引になります)
20190707083909bd5.jpg
20190707083923410.jpg

マイム劇場を終えて

マイム劇場、無事終幕いたしました。

客席から皆さまのあたたかい気持ちが伝わってきて、とても幸せな公演となりました。

いろんなことがあり、暫く前から自分が舞台に立つ意味を少し消極的に考えていたのですが、皆さまから頂くエネルギーを感じ、私にとって舞台に立つことは人生をかける価値のあるものなのだと強く感じました。

大きな意味を与えてくれた公演となりました。

舞台は、お客さまに見て頂くことによって初めて作品になります。

どんなご感想も励みになります。

これからも応援して頂けたら、とてもとても嬉しいです。

ご来場、誠にありがとうございました。

安藤繭子
20190224234435de2.jpg

本番というもの

マイム劇場、初日無事終演いたしました。
ご来場誠にありがとうございました✨


初日を終えて、本番というものの存在、捉え方が自分の中で少し変わった感覚があります。

そのための稽古ののぞみ方についても。
明日の本番がおわったら、ゆっくり検討したいと思っています。


今日は、今まで本番で乗り越えられなかった何かを掴めた感じがありました。


さぁ、ここからです!


何があっても私には表現がある。

そのことにもっと信頼と安心感を持ってよいのだと感じました。


明日も更なる冒険を愉しみます!


#マイム
#身体表現



こういうひとになりなさい。

20190205004912425.jpg


暖かかった一日。

朝のいつもの散歩道。


あまりに陽が穏やかでやさしくって、ここはどこなんだろう?これは現実じゃなくって、天国なんじゃないかと思うくらいでした。


「こういうひとになりなさい」

しばらくの間光に包まれていたら、お日様からそう言われている気がしました。

大切なことをそっと教えてくれました。


いろんなことがありながらも、毎日くすっと笑えることや、ささやかな良いことを沢山見つけられたり、毎日たくさんの発見があること。

小さな虫や植物がくれる優しさ。


私を成長させてくれるいろんな出来事。



毎日毎日ありがとうございます。
プロフィール

安藤繭子

Author:安藤繭子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR